2006年04月08日

アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」第1話今更感想

 4月スタートしたアニメで最大の話題作は、やっぱり「涼宮ハルヒの憂鬱」! …のエンディングですなw。 作画と演出の神っぷりに定評ある京都アニメーションが作っているだけあって、すばらしい動き。3人のヒロインのダンスと、 彼女たちを演じる声優たちの歌がばっちり決まっているし。エンディングだけカットしたMPEGを、もはやエンドレス状態で見てる。

 いや、本編の方も良かった。第1話として、SOS団の文化祭自主作成映画『朝比奈ミクルの冒険 Episode00』 をそのまんま持ったのには驚いたけど。ちゅうか「み・み・みらくる、みっくるんるん」と劇中劇の主題歌が流れ始めた時は正直ドン引き。 そして見事にドン引きさせてくれた京アニに心の中で拍手喝采。映画のクオリティの低さを見事なまでに再現してくれている。  カメラアングルの不自然な固定やホワイトバランスの乱れ、全然関係ない通りすがりの人が映っていたり、 素人演技丸出しの主人公達やエキストラ、といった自主制作映画にありがちなことが、これでもかというくらい描いている。 「これを衆目にさらすのか…」というキョンの独白に見事にシンクロしてしまった。
 また、原作ファン(というか谷川信者なのだが)としては、ミクルビームや桜並木、そして突如しゃべりだすシャミセン(猫)のシーンで、 もうニヤニヤしっぱなし。古泉の、古畑任三郎ばりのアクションしながらの長台詞にもワラタ。 あの場面の台詞は映画の台本にはない長門と古泉のアドリブ(というか素)だろうから、あのアクションは普段の古泉の姿って事になるのかな。 これは原作にない要素だけど、今後の話での古泉の語るシーンが楽しみになった。

 で、第1話のエピソードに映画話を持ってきたことに原作ファンも未読者も賛否両論あるようだけど、私個人としては大絶賛。 全部で何話やるのかは知らないけど、1クールだとしたら、ラスト2話くらいで映画撮影時のエピソードを描いた「涼宮ハルヒの溜息」 (原作第2巻)を持ってきて、あの映画の裏でどんなことが起こっていたのか、をやるんじゃないかと予想。 最後にグダグダ映画の謎解きを持ってくるような構成にするのじゃなかろうか。そうなった場合、 原作未読の人が最後にどんな感想を持つか見てみたいなぁ、と思う。

 次回が原作の第1話。ハルヒとキョンが出会う話。やばい、予告に出てた朝倉涼子、テラカワユス。

(「朝比奈ミクルの冒険 Episode00」は短編集「涼宮ハルヒの動揺」(シリーズ第6巻)に所収)

posted by Asuma at 23:59| Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16323024

この記事へのトラックバック

(アニメ感想) 涼宮ハルヒの憂鬱 第1話 「朝比奈ミクルの冒険 Episode00」
Excerpt: 涼宮ハルヒの憂鬱 何の前情報もなかったので、正直どういう内容のアニメなのか分からず、公式に飛んでみるとさらに分からなくなりました(苦笑)。あれでは、一体どんなのアニメなのかさっぱり分かりませんね..
Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
Tracked: 2006-04-09 02:48
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。