2006年04月13日

涼宮ハルヒの憂鬱 第2話「涼宮ハルヒの憂鬱I」

 まず、正規OPとダンスシーンFULL画面のEDに大満足。OPのサビのところ、走るハルヒと次々に現れる登場人物達、 華やかで良いなぁ。曲も良いね。ハルヒのキャラクターにばっちり合っていると思う。

 で、今回が物語の発端を描く話。実質的な第1話。感想は…京アニは絵も演出も構成も高いレベルで作っていて凄いね。以上。
 …いや、皮肉ってるわけではなく、もうあのハイレベルの映像見せられたら言うことないッスよ。これ以上何を言えと。 ストーリーは原作をほぼ完璧に再現。原作の『涼宮ハルヒの憂鬱』は10回以上は読み返しているほど好きなんだけど、 そうした立場からもケチの付け所がほとんど無い出来だ。
 あえて言うなれば、キョンのモノローグがちょっと演技過多かなぁ、と。テキスト読みながら俺の頭の中で再生されているキョンの語りは、 もう少し落ち着いた感じなのだ。って、アニメではあれくらいの抑揚をつけた方がダレなくて良いのかもしれない。 いくつかの場面でのハルヒへの突っ込みは笑った。

 ヒロインズは…長門はまだほとんど存在感無いなぁ。むしろ、「おねがい」の朝倉の方がよほど目立っている。 予告では次回にキョンに"告白"するっぽいけど、『憂鬱』中盤最高の見せ場である彼女の活躍までやるのかな。
 みくるかわいいよみくる。ハルヒに拉致られてから、終始半べそで目に涙浮かべてる姿に萌えた。原作でも可愛いとは思っていたが、 ほんとに小っちゃいってのはアニメ見て初めて実感できたな。原作ののいぢ絵だと、女性陣はみんな童顔で幼い感じで描かれるため、 全員同じように小柄という印象を受けていたので。
 ハルヒは、前半のツンドラ状態(『田村くん』風にいうと)と、後半の暴走開始時とでは、映像で見ると結構ギャップがあるな。むろん、 後半の方が可愛いのだが(同時にキョンの「真性のアホだ、こいつ」にも激しく同意w)、髪長いときのポニテ姿ももう少し堪能したかったぜ。

 先にも書いたけど、次回は長門の告白があるっぽい。って、それ以前にパソコン入手に関するみくるの受難があるわけだけど…。 あの場面のハルヒの行動はさすがにちょっと、って思うなぁ。まあ、心して見よう。

posted by Asuma at 00:05| Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16481386

この記事へのトラックバック

(アニメ感想) 涼宮ハルヒの憂鬱 第2話 「涼宮ハルヒの憂鬱1」
Excerpt: 涼宮ハルヒの憂鬱 このアニメ、今期新作の中では一番人気なのではないでしょうか?当ブログの記事のランキングでは、ダントツの一位です。原作のファンの期待のあらわれでしょうか?一話目がかなりインパクト..
Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
Tracked: 2006-04-16 14:45
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。