2006年05月06日

涼宮ハルヒの憂鬱 第5話「涼宮ハルヒの憂鬱III」

 前々回の続き。長門、朝比奈さん、古泉が、それぞれ自分の正体をキョンに明かす話。

 長門の告白は、やっぱりアニメだと辛いよなぁ。あのくだくだしい説明は、 やはり文章で記されたものを自分のペースで読まないとさっぱり理解できない(いや、原作の文章読んでも、 SFに慣れていないと詳しいところは理解できなかったけど)。
 で、目の前でいきなりそんな話をされたキョンの反応はというと
「はっきり言おう。さっぱり理解できない」
 だよなぁw。もっとも話の内容そのものよりも、(この時のキョンにとっては未だ単なる)“電波少女”である長門のことを受け入れ難い、 ということもあるのだろうが。

 みくるが正体を明かすのは、SOS団初のフィールドワーク・市内不思議探索でキョンと二人きりの班になった時。長門の時同様、 ひたすら説明セリフなこの告白もアニメでの表現は辛そう。ただ、 みくるの説明をフェードアウトとフェードインを繰り返しながら表現するのは面白いなぁ、と思った。同時に、長門の告白シーンもそうだけど、 この表現は彼女たちの告白の細部は物語上あまり問題ではない、ってことを表しているんだよな。要は、ハルヒの力と、 彼女がキョンを選んだと言うこと、そして二人を監視している存在が複数あるということだ。
 にしても、朝比奈さんの私服姿は良いね。眼鏡属性もメイド属性も無い私には、この姿の方がよほど癒される。
 で、朝比奈さんの告白に対するキョンの判断は「とりあえず保留」。それでも、みくるにとっては話を聞いてもらえただけで良かったようで。 そりゃあ、いきなりあんな話を聞かされたら、普通なら途中であきれられるかもしれない。キョンにしてみれば、 長門の時のこともあって耐性できていたのだろう。逆に言えば、キョンもこれで、長門の話を改めて受け入れられるようになり、そして…。

 古泉に対して
「お前も涼宮のことで俺に話すことがあるんじゃないのか」
 と自分から切り出すキョン。やっぱ頭良いよな、キョン。と同時に適応能力高すぎるw。それもハルヒに選ばれた原因かもしれないが。 古泉自身の具体的な能力と目的については、『憂鬱IV』で描かれるかな。
 にしても、前回もそうだったけど、キョンと古泉のやり取りのシーンは何故か落ち着くなぁ。『フルメタふもっふ』で宗助が 「男ばかりの空間はすばらしい」と言っていたが、あれに近い感覚…というわけではなく(断じて無い)、キョン・古泉の場面は説明野郎・ 古泉による状況整理シーンが多いので、そこで読む側も一息、という感覚があるのかもしれない。

 しかし、今回一番の見所は、やっぱりくじ引きシーンでのハルヒの嫉妬か。というか、明らさますぎだ。 エンディングテロップで鬱憤を晴らすかのように、特大フォントでキョンと二人きりになってるしw。
 ハルヒがキョンに(自覚していないにしても)惚れた理由としては、 一番大きな理由と思われるのは原作シリーズ未読者には禁則事項な事があるが、それとは別に、単純にパートナーとして最適だ、 ということも大きいんだろうな。テンションが上がると歯止めがきかなくなるハルヒを、キョンは絶妙なタイミングでブレーキかける。 扱いが巧いってことなんだろう。故に、ハルヒもキョンの側なら安心して自分らしく振る舞える、と感じているのかもしれない。もっとも、 そのせいでみくるの心の傷が増えていくのだけどw。

 次回はまた「憂鬱」エピソードをぶった切って、「孤島症候群」。前回の「退屈」が長門の能力紹介だとしたら、「孤島症候群」 も古泉の能力──まあ、トンデモじゃない方面での──紹介と言えないこともない、か? とりあえず水着ですよ?

 余談。キョンが図書館で手にしていたのは、同じ谷川作品の『学校を出よう!』の第2巻。
学校を出よう!〈2〉I‐My‐Me
学校を出よう!〈2〉I‐My‐Me
 2ちゃんの谷川スレでは、作品の完成度としては『涼宮ハルヒの憂鬱』『涼宮ハルヒの消失』に並ぶかそれ以上と評価されている模様。 個人的には『学校を出よう!』シリーズではなく、単発でやった方が良いネタだったんじゃないかなぁ、と思ったり。 シリーズ共通の登場人物はほとんど出てこないし、その登場も無理矢理、という印象だったので。ただ、 谷川作品の今のところの最高峰の一つであることは確かかと。
『学校』シリーズ通してのヒロインでは縞瀬真琴が良いのぅ。“見せデレ”とでも言ったら良いのか? 衆目の前で、主人公(? )高崎佳由希に半ばからかうようにベタベタとして見せながら、実は結構真面目に惚れているらしい、という。対するユキちゃん(=佳由希) はツンデレ。キョンと違って寡黙でぶっきらぼうだが、ツンデレっぷりはキョンとタメ張れるだろう。
 続き、早く出ないかなぁ…。

posted by Asuma at 23:12| Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

(アニメ感想) 涼宮ハルヒの憂鬱 第5話 「涼宮ハルヒの憂鬱??」
Excerpt: 涼宮ハルヒの憂鬱 何か長門の電波に付きあわされているだけと言う感も否めない(汗)ですが、今回は新たな事実が次々に判明するようです。もう何がキテも驚きません。その事実を受け入れるだけです。いや、ホ..
Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
Tracked: 2006-05-08 13:39
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。