2006年05月11日

涼宮ハルヒの憂鬱 第6話「孤島症候群(前編)」

 宇宙レベルでの時空間への影響力を持つ少女・涼宮ハルヒ。本人はその力を自覚していない。そして、長門有希(宇宙人)、朝比奈みくる(未来人)、古泉一樹(超能力者)は、それぞれの目的で彼女を監視していることをキョンに告白し、「あなたは涼宮ハルヒに選ばれた」とキョンに告げる。
 ここまでが前回の話。

 で、ここでまたまた『憂鬱』は中断され、今回は『孤島症候群』。その前編。夏休み前半のバカンスの話。SOS団の夏休み合宿ということで、一行は古泉の遠い親戚が所有する絶海の孤島の別荘へ。

 アニメオリジナルの展開として、キョンの妹がこの合宿に参加している。これが原作との大きな違いだ。フルメタやAIR、そしてハルヒのこれまでの放映分で、原作をほぼ忠実に再現してきた京アニにしては珍しい。
 でも、あえて原作内容を変更してまでキョン妹を登場させる意味はあるのだろうか? 原作ではSOS団冬合宿(『雪山症候群』『猫はどこに行った?』)にキョン妹が参加しているが、どうやら全14話だとされるアニメシリーズでは冬合宿までは描かれないだろうから、夏合宿に妹を登場させてしまおうということなのかもしれない。しかし、原作ファンの私は前回予告を見た時点で、全く余計なことをやりやがって、と、あまり面白くない気分になり、そもそもこの夏合宿のエピソードでキョン妹が担えるような役割は全くないはずで、したがってこのような変更は本当に無意味で、強いて言えばロリオタの需要を満たす程度の

「てへっ☆」

 妹 万 歳!!

 ちょ、髪下ろしたら可愛すぎるっ。なに、この破壊力w。
 しっかし、カバンの中に人が入っていたら、真面目にあせるよな。「てへ」直前のキョンのびびりっぷりに笑ったw。

 その妹を間にしてのキョンとみくるは、なんだか良い感じの雰囲気。にしても、今回のキョンは、みくるを見ながらのデレデレっぷりが何とも情けないw。男としてめがっさ共感できるけど。ビーチボール(×3)に飛びつくキョンはあまりにも幸せそうだw。

 そんなキョンを見て、ハルヒはまたヤキモチを焼くのか…と思ったら、どうやら宿泊先の別荘やその持ち主に、物騒な設定を付けてみたり、物騒な事件を期待することで頭がいっぱいのようで。別荘の主人や執事さん達を前に猟奇的な展開を望んでいるとか言ったり、相変わらず飛ばしているな。
 そして
「わかったわ!」
「何がだ?」
「犯人!」
 のアホ会話wの直後のシーン。というかアングル。ハルヒ は い て な い ! じゃなくて、絶妙に見えないようにしてるなw。もっとも、はみでたお尻とか、十分エロすぎ。ごちそうさまでした。

 長門さんにも見所はありました。私服。途中まで視聴していて、ふと「ああ、長門、私服持っていたんだな」って思ってしまったw。しかもカワエエ。
 それから、王様ゲームの罰ゲームで、振り向いて「大好き」というシーン。淡々とした長門の言い方に団長はご不満の様子だったけど、長門ファンにはたまらなかったんじゃなかろうか。個人的には、『消失』の改変長門に言ってもらいたいところ。むろん、「生まれたばかりの赤ん坊ハムスターをつまみ上げようとしているような、小さな力で」袖をつかんでもらいながら。

 海辺のリゾートでの生活を十二分に満喫するSOS団(+妹)。しかし、ここで事件が。
 合宿3日目。なかなか姿を現さない館の主人。不振に思った執事の新川とSOS団の面々は、主人の部屋へ。部屋は鍵がかかっているが、どれだけ大声で名前を呼んでも返事がない。明らかに様子がおかしいと、ドアをぶち破って中に転がり込んだキョン達の見たものは…仰向けに倒れる主人の体。そして、その左胸に深々と突き刺さっているナイフ。
 密室殺人事件。
 これはハルヒの力が呼び起こしてしまった悲劇なのか、それともオヤシロさまの祟りなのか(違
 次回、「孤島症候群(後編)」で解決編…ではなくて、「憂鬱IV」…でもなくて、「ミステリック・サイン」??? なんつーか、素直じゃないなぁ、アニメスタッフは。いや、超監督が、なのかな、やっぱり。
posted by Asuma at 23:45| Comment(0) | TrackBack(2) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

涼宮ハルヒの憂鬱 第6話 「孤島症候群 (前編)」
Excerpt: 巷(ちまた)では過去に例がないくらいに「涼宮ハルヒの憂鬱」原作本が品薄状態になっています。 これがアニメ版の「話数順シャッフル手法」による新手のメディアミックス手法の結果であれば、少々心中複雑な気持ち..
Weblog: A-MIX
Tracked: 2006-05-13 06:51

(アニメ感想) 涼宮ハルヒの憂鬱 第6話 「孤島症候群(前編)」
Excerpt: 涼宮ハルヒの憂鬱 (1) 合宿に行くわよ!!いつもの調子でハルヒのワガママが炸裂です。「クローズドサークル」だそうです。孤島に取り残されたハルヒ達の身に起こる重大事件と言うのはを期待しているので..
Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
Tracked: 2006-05-14 05:21
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。