2005年10月12日

To Heart2 第2話「おさななじみ」

 アニメ第2話の主人公はタマ姉。作画は相変わらず我慢できるギリギリのレベル。イケ面のはずの雄二の顔が、妙に凡庸になってしまっている。演出も、アイアンクローやタマ姉の企み笑いにあまり迫力がない。『好き好き大好きタマお姉ちゃん大作戦』での雄二監禁もなかったし。
 しかし、それでも、何回もくり返されるタカ坊への抱擁にはニヤついてしまった。アニメで見せられると、なんか小っぱずかしいよなぁ(悪い意味ではなく)。最初の抱擁→押し倒しの後、さらにその上に、このみがダ〜イブっするのが笑った。たまに、こういう細かい演出が生き生きしているのを見せられるので、作画が悪い悪いと良いながらも、割と楽しんで視聴していたり。

 構成も悪くはないと思う。シナリオをクリアした立場から言えば、やはり設定のもう少し突っ込んだ部分まで描いて欲しいが。To Heart2の各ヒロインの物語を“さわり”のみ紹介、というスタンスだろう。これから初めてPC版をプレイする人へのプロモーション的な意味もあるだろうが、PS2版をプレイする人にもPC版プレイ前の簡単な“復習”として楽しめるのではないだろうか。

 そのPC版は18禁だとか。うーん、エロ無しでも十分面白かったんだから、18禁にはして欲しくなかったなぁ。
 このみなんて、彼女のシナリオを進めてる最中でも、どうしたって恋愛対象として見るには幼すぎる、という印象しか抱けなかったし。幼馴染みだし、ずっと一緒にいたんだし、恋人として付き合うのは1、2年後でも良いんじゃね?って感じ。(まあ、現実なら、そんなこと言ってる間に他の男に食われたりするんだろうが……orz←自分で書いてて鬱になったらしい。)
 もっとも、えちぃシナリオを見たいと思ったキャラもいたさ。ああ、いたともさ。いいんちょは図書準備室で連日2人きりというシチュに、百合姉妹はお姉ちゃんがぽやぽや声でエロ発言するのに性欲を持て余しましたです(切腹)。
 XRATED、買うつもりないんだけどなぁ……なんか、こんなこと書いてるうちに買っちまうかもしれない……。

 しかし、18禁って、別に性描写じゃなくても成人向けになったりするんだよな。雛見沢なTo Heart2だったらどうしよう……ガクガクブルブル
(まあ、それは無いよね☆ ……無いよね?)
posted by Asuma at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。