2008年03月17日

true tears 第11話

じべた大勝利!\(^o^)/

 というか、ここにきて眞一郎の本命がわからなくなってきた。
一人暮らしを始めた比呂美の部屋でお茶を飲んだり、一緒に雪の海を見に行ってキスなんかしちゃってるのに、乃絵のことばかり思い浮かべるようになっている。比呂美との関係を進めるために乃絵とわかれなくちゃ、という考え以外にも、純粋に乃絵を思う気持ちもまだある様子。

比呂美の方も、それを察し始めている感じか。眞一郎が書いていた絵本が乃絵のためのものだったことを知り、後半、乃絵が行方不明になったことを告げたときの眞一郎の反応、乃絵を心配して迷い無く探しに飛び出す様子に接して、心中穏やかな感じじゃないだろう。乃絵のことを眞一郎に伝えるときのためらいの間は、複雑な比呂美の心境を表していて良かった。前半部分では、部屋に眞一郎あげたりキスしたり、友人に「男連れ込み放題でしょ」と言われて否定しなかったり、結構幸せを満喫してるようだったのにね。

純の方もわからなくなってきたね。次回予告で「キスしないか?」と言ってるのは比呂美に対して? 比呂美が純に言った台詞「あなたが好きなのは私じゃない」は、比呂美にしてみれば決定的な別れの言葉だったかもしれないけど、純にとっては比呂美の存在を決定的に自分に刻む一言だったかもしれない。今まで乃絵以外の他人に心を開いたことなさそうだし、そこにここまで踏み込まれるのも初めてっぽいし。これがきっかけで、かけ引き抜きで比呂美と向き合おうとするようになったり。まあ、次回になってみないと分からないけど。

あー、はっきりしない眞一郎と本格的な攻勢に転じそうな純って構図が見えるようで、眞一郎×比呂美派としては未だ油断ならない感じだわ。


ラスト近くにようやく登場した乃絵は微ヤンデレ化か。じべた、逃げてーーー!!
乃絵を見つけた眞一郎が、次回、彼女にどう接するのか楽しみ。比呂美派ではあるけれど、先週後半から乃絵の笑顔分が不足しているので、眞ちゃんの活躍に期待だ。


三代吉と愛ちゃんは、改めてお友達から始めることにしたようで。よかった、ホントに。これからが見せ場だぜ、三代吉よ。
ラベル:True Tears
posted by Asuma at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。