2005年11月18日

シャナ11巻とアニメ

 高橋弥七郎『灼眼のシャナ』11巻をようやく読了。巻頭イラストのシャナ、表情がやわらかすぎて別人みたいだ。と思ったら、それもそのはず。いよいよツンからデレへと自ら歩み出す決意をしたのですな。って、良いところで終わってる! 次巻出るのいつなんだ!?

 アニメの方は、第7話、屍拾いラミーを巡って、シャナとマージョリーの再戦が近づく。シャナがやたらと悠二を意識している場面が出てくるのだけど、いきなり過ぎて無理がある感じ。フリアグネが壊れていく経過がおざなりな印象を受けた前回に引き続き、ちょっと評価落ちるかも。シリーズ前半でフリアグネ、マージョリー、ラミーを一緒に出した時は、四つどもえの戦いになるのかと、けっこう期待したのだが。
 でも、風呂に入ってるシャナは素直にかわいいかったし、マージョリー姐さんはカコイイと思ったさ。あ、あと前々回の拗ねてる吉田も忘れちゃいけないな。

高橋 弥七郎『灼眼のシャナ(11)』
高橋 弥七郎『灼眼のシャナ(11)』
posted by Asuma at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9470822

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。