2005年10月07日

To Heart2 第1話「新しい制服」

 アニメの制作が発表された時、放映開始までの間が随分短いな、大丈夫かな、と心配してたので、実際の放送を見てまず思ったのは、それほどひどい出来ではなくて良かった、ということ。アニメ化には嬉しいさよりも不安が先に立ってたから。ただ、それでも、作画にしろシナリオにしろ、もう少し丁寧に作り込んで欲しかったと思う。原作のゲームはそれなりに楽しんで思い入れもあったため、なおさら。(ZAURUSで動作確認した『月姫』を除けば、数年ぶりにプレイしたギャルゲだった。)

 第1話は、このみが主人公。物語は中学の卒業式から始まり、それから数日間、貴明と過ごす日常を描く。階段手すりの綱渡り(アニメでは学校の階段)、お泊まり、必殺カレー、新しい制服、添い寝、と、原作でも描かれたイベントを淡々と描写する。
 そう。“淡々と”という印象だったのだ。原因は、タカ坊にあるんだろうなぁ。反応が素直すぎる。ちゃる&よっちに会ってもビビるでもなく普通に接してるし、このみの手すり綱渡りの時も叱るでもなく心配するばかり。高校の制服姿のこのみを見ても、普通に褒めてるし。もう少し喜怒哀楽を出しても良いと思うんだけど。
 この貴明の無個性化は、貴明視点の原作と違って、このみ中心に描こうとしているからか。それならそれで、このみ視点をもっと強調して描いた方が良かったと思う。物語る視点が2人から結構距離を置いているように思えたので。つーか、アニメは女の子視点で、という発表だったので、それも楽しみにしてたんだよ。タカくんのことを思う夜、切なくなったこのみは(以下略)。

 ちなみに、このみは可愛かった。原作以上でもなく以下でもなく、まあ、こんなもんだろう、という感じだけど。しかし、原作のイメージをけっこう忠実に再現しているかと。ある意味凄いかもしれない。これでゲームオープニングレベルの作画だったら、全体的な評価がかなり違っていたかも。
 そういや、このみがたまに(おどけて?)軍人口調になるのは、父親が自衛官なのが影響しているとか。ついさっき知った。どうやら、激しく今更らしいけど。

 あ、動く春夏さん(このみ母)が見られたのが、なんか嬉しかったり。ゲームでは玄関シーンの立ち絵しかなかったから。
posted by Asuma at 00:47| Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月23日

涼宮ハルヒ・アニメ化企画進行中 (MOON PHASEさん、雑記より)

 ようやくアニメ化始動、という感じ。漫画がこけてなければ、もっと早くアニメ化されていたのかもしれないけど。

 ただ、個人的にはあまり期待していない。この作品の魅力は、キョンの一人称で進められる地の文そのものだと思っているので。これはアニメでは再現しにくいだろう。
 となると、単なるSFテイストが混じった学園萌えキャラアニメで終わるかもしれない。いや、それでも良いかも。作画が崩れず、シナリオがテンポ良く進んでくれれば、とりあえず言うことはない。キョンのみくるに対する萌えっぷり、長門に対する保護者ぶり、そしてハルヒに対するツンデレっぷりは、小説の方で存分に堪能できるので。

 もっとも、キョン視点という“縛り”がなくなることで、各キャラをより生き生きと動かすことが可能になるかも。長門の戦闘シーンや古泉の能力の描写等、動画になることでより迫力あるものになるだろうし。ハルヒが自室でポニテにしようか逡巡している、なんて、キョン視点では見えない場面を挿入することもできる。つーか、そんな場面があったら悶えるかもしれない。

 …なんだかんだでアニメ化期待してるのかも<俺。

 小説の7巻目『涼宮ハルヒの陰謀』は9月1日発売。公式サイトの紹介を見るに、どうやら『消失』の続編になる様子。
posted by Asuma at 22:49| Comment(0) | TrackBack(1) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。