2007年10月09日

新iPodとか云々

買ってきた。


買ったのは一週間前の休みの時なので、まさに前回の記事でグダグダ文句書いてた舌の根も乾かぬうちにって感じだ。
てなわけで、手元にはclassicの80GBが転がっている。いや、なんだかんだ言って、いざ自分のものになってみると愛着湧いてくるわ。続きを読む
posted by Asuma at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | デジタル物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月25日

新iPodとかについてグダグダ

 金が無いからグダグダ妄想だけでもいいじゃない、にんg(ry←この略は「人魚と読むきんっ」の略じゃない、念のため。つーか巡かわいいよ巡。

 閑話休題。

 新iPod、touchの販売も始まった、と思いきや日本語Windows環境では初期ロックできないという致命的な欠陥があるそうで。
 でも、それでも魅力的なアイテムだよなぁ。インターフェイスも面白そうだけど、画面の大きさも動画見るには良さそう。classicやnanoの液晶の大きさだと、携帯で動画見るのと変わらないしなぁ(操作性は携帯より格段に良さそうだけど)。
 が、高い。高すぎる。容量16GBが欲しいのだけど、約5万て。
続きを読む
posted by Asuma at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | デジタル物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月20日

夏休みとZaurus

 会社の体制が変わり、今年から「できるだけ夏休みは1週間取るように」ってことで、お盆の期間まるまる9連休を過ごした。うち3日は有休を使わなければならなかったのだが、せっかく会社が休めと言ってくれているので休みましたとも。
 もっとも、休みの間は連日猛暑。むしろ会社にいた方が冷房効いていて良かったんじゃないか、と思うこともあったり。まあ、出たら出たで忙しくて汗だくになりそうだが。

 夏休み前半は、親のところに行っていた。互いの生存確認と先祖の墓参りってことで。で、その間の暇つぶしに地味に活躍してくれたのがZaurusだ。
 親のところもブロードバンド環境があるので、ネットを見る分には問題ない。が、やはり自分が普段巡回しているところには、リビングのパソコンでは見づらいところもあるわけで。2ちゃんのスレを紹介しているブログを読んでニヨニヨしている普段の姿をさらすのは、ちょっと躊躇われる。
 そこで登場するのがZaurus。解像度640×480はちょっと心許なかったが。この夏、特に使ったのは下記サイトとアプリ。続きを読む
posted by Asuma at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | デジタル物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月29日

感想文は手強い

悩める青少年に朗報!読書感想文は1行読めば書ける!

 なんて心強い記事!

 …でも、ここの例見てると、この記事書いている人はやっぱり例に挙げた小説を読んでいる様子。じゃなきゃ、ここまで書けないでしょ。ただ、「1行しか読まない」で感想文書くの無理でも、「あらすじ」さえ知っていれば何とかなるんじゃ、とは思えてくる。それでけでも感想文書くのが苦手な人には心強いだろう。名作のあらすじを紹介している本やサイトを見ながら、感想文乱れ書き、なんてのも面白いかもしれない。やらんけど。

 しかし、感想文って実はかなり手強いよなぁ、というのが長年抱いている「感想文」への感想。
 上記サイトに従うならば、

・「話と関係ないことを書く」
・「自分の気持ちと考えだけを書く」
・「自分で勝手にテーマをつくる」

 ことで物語に縛られない感想文が書けるそうなのだが、

・「話と関係ないこと」でさえ書くネタが無い。関係あってもネタが無い。
・「自分の気持ちと考え」が無い。
・「自分で勝手にテーマ…」…いや、自分のテーマって何よ?

 ってことになってしまい、やっぱり感想文が書けない事態になりかねない(特に俺)。

 つまるところ、感想文書くときちゃんと物語を読もうが読むまいが、自明的に生きてなきゃ、感想文なんて書けないってことなんだろう。「俺は」「自分は」ってのを普段から強く持っていないと、本なんか読んだって「ふーん」で終わってしまう。俺のように日々ふらふらと流されて過ごしている人間には、やっぱり手強いことには変わりないのだ。

 まあ、しかし、逆にそこまで「俺が俺が」で生きていなくても、えらく共感したり、えらく反発を覚えたりする本があるかもしれない。そういう本こそその人にとって感想文を書くに足る本で、それは幸せな出会いなのかもしれない。その出会いがいつになるかは分からないけれど。
(あー、さらに俺の場合、そういう本に出会えても、考えをまとめる能力と文章に表現する能力とそれらを書ききる気力が著しく不足しているのだが。)



 感想文を書く行為については、他にも思うことがつらつらあるけれど、それは後日気が向いたら。
posted by Asuma at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月17日

液晶テレビ、これを満たしてたら買おうかな

 吉祥寺ヨドバシでテレビ売り場をぶらぶらと見て回った後の感想。

1)32インチ(部屋が狭いので。)
2)フルHD
3)倍速表示
4)地デジチューナー付き
5)15万円くらい

 フルHDはほとんどのメーカーが37インチ以上でしか対応しておらず、倍速表示は各メーカーから出ているものの、未だ機種数は少なく価格もこなれていない。
 なお、現時点ではSHARPのAQUOS LC-32DS1が倍速表示以外の条件を満たしている。価格についてはヨドバシでは24万円ほどだったが、価格.comでは15万円以下だった。10万も差があるのか。

 実は先に挙げたAQUOS LC-32DS1にかなりグラリと来たのだが、ここはグっと我慢して、次モデルで各メーカーがどんな新製品を投入してくるか期待しながら待つことにしよう(特に倍速モデルの選択肢が増えるのを期待)。個人的には発色が好みな東芝REGZAにがんばってほしいところだけど、AQUOS LC-32DS1も店頭でデザインにかなり惹かれたので後継機を楽しみにしたい。

 でも、たぶんここであげた条件って、実現したところでメーカーにとっては利益率低そうだし、全て満たす機体が出るのって望み薄かなぁ。
posted by Asuma at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | デジタル物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月27日

ヨドバシカメラ吉祥寺店が

6月29日にようやくオープンするらしい。

「ヨドバシカメラ マルチメディア吉祥寺」2007年6月29日(金)朝9時30分オープン!(店舗詳細)

1度は先週の土曜日(23日)オープンとの発表があったようだけど、その後すぐに取り消されたみたい(Googleのキャッシュに残っていた)。実際に行ってみたのだけど、まだ内装工事が終わってないような感じだった。
で、あと2週間くらいかかるかなぁ、と思っていたら、明後日オープンですかい。いや、予想外に早くてちょっと嬉しい。明後日は残業決定しているので帰りに寄ることもできなさそうだけど。

というわけで、土日のどちらかで行ってみようと思う。土曜は夕方からは中央線が高架工事で運休とのことで、油断していると帰れなくなるかもしれないな。日曜、高架になった電車中からの風景を楽しみながら行く、というのも良いかもしれない。
posted by Asuma at 23:42| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月13日

『世界樹の迷宮』がヤバかった件

ふと思い立ってNDSのゲーム『世界樹の迷宮』を買う。硬派なRPGということで割と評判良いので、前から気になっていたのだ。淡々とモンスターと戦い続けながら、ひたすらダンジョンを進んで行く、というのがゲームの内容。空き時間にちょろっと冒険するって感じで良いかな、と思い買ってみた。

で、昨日17時頃プレイし始め、ふと顔を上げると…23時過ぎ…。空き時間にちょろっとどころの騒ぎじゃねぇ。俺の貴重なナイトシーンが根こそぎ持ってかれた!(普段はネットに持ってかれてるので、冷静に考えたらいつも通りの週末だったりするが。)

いや、そもそもRPGで「ちょろっと」なんてこと考えたのが敗因だ。昔、ドラクエやってた頃、「次にレベルが上がるまで」「あの武器を買うまで」「このイベントをクリアするまで」と言いながら何時間もプレイしてしまったのを思い出した。この『世界樹の迷宮』は、ドラクエからストーリーをとっぱらい、細かいイベントと戦闘とレベル上げとアイテム集め、という"作業"だけで構成されたRPGだ。そして、その"作業"をちまちまと進めるのが好きな私にとっては、麻薬のようなゲームだった。

しかし、この土日は仕事がらみで本を数冊読もうと考えていたのだ。だけど、このままこのゲームがあると、また「少しだけ…」と言いながら一気に2、3時間潰してしまうのは目に見えている。せっかく土曜の午前中に本が届くよう手配した意味がない。それどころか、クリアできるまでの数週間、睡眠時間を削ってしまうのは目に見えている。

と言うわけで、所有日数1日で手放した。2週間ぐらいぶっ続けで休みを取らない限りプレイできそうにないし。『ディスガイア』以来、かなりハマりそうなゲームではあったのだけど。あの頃と違って妙に忙しくなっちゃったからなぁ。…いや、まあ、元来切り替えのヘタな性分がいけないのだろうけど。あとは歳をとったせいか…。
posted by Asuma at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | デジタル物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月30日

最近のアニメ視聴状況『瀬戸の花嫁』『らき☆すた』

 春からの新番、録ることは録っているんだけど、例によって見る時間がない。そのため、CMカット作業中に琴線に触れたものだけ見てる、という感じか。

 で、今のところ一番楽しみなのが『瀬戸の花嫁』。畳み込むようなギャグのテンポが素晴らしい。30分があっと言う間に経ってしまう。毎回、燦のキメ台詞「瀬戸内人魚の名折れじゃき!」(演歌付き)と政さんのホモネタがいつでるのかとワクワクしながら見てる。
 ジャンルとしてはスラップスティック・コメディ。物語は、主人公の中学生"満潮永澄"が夏休みに遊びに行った瀬戸内の海でおぼれ、人魚の少女"瀬戸燦"に助けられるところから始まる。人魚には「人間に正体を見られたら死ぬか、または正体を知った人間を殺さなければならない」という掟があるのだが、見られたのが身内なら無問題ということで永澄と燦は婚約。一緒に埼玉の満潮家で暮らすことに。
 となると自然、ラブ分も期待してしまうのだが…。燦の実家が単なる人魚の一族ではなく、「瀬戸内組」という任侠を重んじる方々の集まりであること。そして組長であり燦の父親である豪三郎が度を超えた親バカであること。そして隙あらば永澄を亡き者にして燦を取り戻そうとする瀬戸内組員が巻き起こすドタバタが、この物語のラブ分を限りなくゼロに近く…。
 だが、それが良い。いや、こちらがもっと若かったらラブ分少なすぎて不満に思ったかもしれないけど、年取ってしまうと単純なドタバタギャグの方がすんなり受け入れられ易いのよね。まあ、主人公達が未だ中学生ってのもラブ分の少なさの一因かも? 燦ちゃんの永澄への感情も、恋愛感情というよりは、彼の命を助けるという義侠心&妻となったからには夫を立てる、感じでもあるようだし。しかし、第5話で永澄が政さんとの会話の中で「むしろ燦ちゃんに惚れられるような男になる」って言ってるし、いつか、二人の間になりゆきの夫婦関係とは違う恋愛感情が芽生える日もくるかもしれない。高校生になったくらいで? もっとも、そうなったら別の物語ってことで。
 その5話はパロディで笑わせてもらった。JOJO、やり過ぎだろwww。JOJOに比べると地味だったけど「な、なんだってー!?」もやってたな。となると、冒頭で燦の制服姿に照れた永澄が『おおきく振りかぶって』三橋の「こくこくこく」ってうなずいてるののパロディにも思えてきたり。ただ、『らき☆すた』の山本寛監督降板の理由の一つに、3話での露骨なパロディのせいかという噂があるのを考えると、やり過ぎはちょっと怖い気もするけど。(と言いつつ、山本氏降板の理由はパロディのやり過ぎというよりもマネジメント能力の問題が強いかなぁ、と思っていたり。まあ、勝手な憶測にすぎないやね。)

 あと見てるのは『らき☆すた』。やっぱりオープニングで一気に引き込まれたなぁ。本編のゆるーいやり取りがダラダラと続く構成もけっこう好き。こちらも構えることなくダラダラと見てる。…ホントに年取っちまったのかなぁ。
 ただ、女子高生のダラダラとした会話で構成された4コマ作品というと『あずまんが大王』が頂点だよなぁ、と見る度に思ってしまうのも事実(『あずまんが大王』は原作コミックしか見てないけど)。それに、京アニ作品を見るときの楽しみである、登場人物達のリアルでさりげない仕草は、らき☆すたのデフォルメされたキャラでなく、フルメタやハルヒのようなもっと頭身の高いキャラクターに演技させてこそ、と考えてしまうし…。
 ああ、文章に起こしてみると、どうしても批判っぽいこと書いてしまうな。マイナス思考なので。でも、それでも『らき☆すた』は毎週楽しみにしているのよ。こなたやかがみたちのとりとめのない会話をぼーっと眺めている時間が好きなのだよ。

 他はなかなか時間がなくて見てないけど…。『おお振り』『ロミジュリ』『グレンラガン』『ハヤテ』『sola』『ひとひら』『怪物王女』『エマ』『アイマス』『デスノ』『この青』『桃華月譚』『なのは』『Derker』『ラブコン』『地球へ』『ウェルベール』を録っている。つか、もはや録ることが目的と化しているような…。
 あ、『のだめ』は見ているけど、原作通りの展開と原作通りの面白さで、あとは川澄さんは巧いなぁ、ってことくらいしか書くことが浮かばなかったり。
posted by Asuma at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月18日

最近買ったPC関連のブツ

3月に入ってから急に物欲が。

◆液晶ディスプレイ
BENQ FP91GP。楽天のメーカーアウトレットショップにて。アウトレットだけど、モノは良品っぽい。ドット抜け無し。今までCRTだったので、机が広々に! が、問題が↓

◆ビデオボード
玄人志向GFX-5200 A128CL。せっかく液晶を買ったので、デジタル接続したくて新調。ところが、画面に変な緑色の光の帯が大量に発生。ドライバのバージョンによっては軽減できるが…。結局、アナログ接続で使うことに。
つか、この組み合わせで発生するこの現象、価格.comのFP91GP掲示板で報告されてたわ…。

◆CPUクーラー
CoolerMaster KI4-7H52A-OL。随分前にCPU(Pen4 2.40C)付属のリテールファンの羽を一枚破損させたままになっていた。で、最近、起動時に非道い騒音が発生するようになったようなので替えることにした。

が、騒音の原因は別のところに。M/Bのチップファン&ヒート真紅にガタがきていたのだわ。つか、この現象、価格.comのGA-8IPE1000 Pro2掲示板で報(ry

頭に来たのでチップファンを除去。そのままの状態でWMV9のエンコードをしてみて、SpeedFanで温度確認したところ、Temp1〜3のどれも30°越えることもない。ので、しばらくこのまま運用することに(もっともSpeedFanの表示のどれがチップの温度示しているか未解明)。でも、夏を迎える前にはチップのクーラー買わなくちゃならないかな。

騒音と言えば、ファンの音がどれも気になる。ファンコンを買おうかな。システムテクノロジ ST-35Bが高いけど良さげだ。もっとも、次の給料日まで動き取りづらくなってしまったのだけど。

しかし、こうやって並べてみるとつくづく一昔前の構成だなぁ。
でも、今のところ性能としてはほぼ不満無いのだ。機械が動き続けてくれるなら、MSのXPサポートが切れるまではこのままの構成で使い続けられる感じ。
posted by Asuma at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | デジタル物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月03日

Virtual PC 2007にVine Linux4.1をインストールしてみた。

入れてみただけだけど。

にしても、インストールは簡単だった。あっけなさすぎる。当方、Linuxについてはほぼ触ったことも知識も無し。あ、 LinuxZaurus使用歴は2年以上だけど、コマンドラインはほとんど触ったことがないし。こんな私でも、 ほぼ何も考えずにインストールはできてしまった。

が、今のところ1点だけ「失敗した」と思った点が。

インストールウィザードで「モニタ」の選択が出てくるのだけど、そこも既に選択されていた「未検出」のままホイホイと進んでしまったため、 インストール後、解像度が最大で800×600しか選べないという事態に。
コマンドラインからの設定で何とかなるようだけど…いや、コマンドのなんたるかさえよく分からねぇwww。

続きを読む
posted by Asuma at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | デジタル物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。